« 4/20〜23 | トップページ | ん、 »

2007年4月24日 (火曜日)

小バエ

紙に向かっていつものようにシャープペンシルを走らせていると、一匹の小バエが手元のまわりをうろついては消えて、まとわりついては消えて、集中力を削いでゆく。本当は逆で、網膜に疲労の兆しがうろついているのかとも思ったが、あまりにうるさいので何度か闇雲に両手をばちんばちんとやっていると案の定、ごま粒ほどの屍が張り付いた。今年になってはじめて小バエを見た。一つの重要なアート作品の集中に貢献した君の死はムダではないぞ、たぶん。たぶんね。でもこれからの季節、一匹で果たしてすむだろうか?この制作が一匹の小バエの死に相当する以上の価値がたとえあるとして、いったい何匹分の殺生に値するのか。

|

« 4/20〜23 | トップページ | ん、 »

走り書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4/20〜23 | トップページ | ん、 »