« 君はコーラリアンを知っているか | トップページ | バッサバサ »

2007年5月 3日 (木曜日)

曇りつづき

この数日間、諸事情有り、で、制作のスペースが確保出来なかった。と、言っても、べ、つ、に、創作スタジオを日々日々西から東へ北から南へ渡り歩くっ、なんて生活をしているわけではもちろんないが、アーティスト・イン・レジデンスなんていうのをこのところ行ったり行かなかったりという事を繰り返している為に、安定したスタジオを構える事が出来ていないのは事実。

二年前までは、車で一時間ほどにあるイチゴ農家の倉庫をスタジオとして、学生時代の知人と共有で借りていたし、いまもなお、ご好意で過去の作品などなど置かせて頂いてはいる(限界は近いけど・・)。で、現在は実家の「隙間」がスタジオだ。積み重ねられる本や、ばさばさばさばさいっくら方付けても湧いて来るエプソンのプリンターから吐き出された紙、紙、紙、油断するとすぐさま物置と化すベッドなどなどなどなどをかき分けて、制作スペース確保一点を目指して周到に収納が重ねられた先に、なんとかかんとか出現する、猫の額ほどの、しかし貴重な、平らな板の間である。制作中の床に広げた紙も、完成までに何度も何度も巻き立てては広げを、日々の生活や家族の都合に応じて繰り返す、なんとも不安定なスタジオである。なんたって洗濯物を取り込むだけでも作品は居場所を失うのだ。

Nekoneko_1 かと言ってそうしたスタジオが事、制作にとって良くない場所かと言ったら、そういうわけでもない。制作にとってそうした諸要素が、目を伏せ、ただ排除を待つ対象であるかと言えば、そんなわけではない。いつだってどこでだって、物理的にであれ、精神的にであれ、創作、と、言うか、なんにだって、きまって相反する方向に働く力というのが存在するものだ。おまけにこの数日といったら軽く風邪まで引いていて、あたまはくらくら、目を瞑っていても世界が回っていた。

制作は制作。た、だ、それが出来なくなるのは困る。な〜。と。ね。

|

« 君はコーラリアンを知っているか | トップページ | バッサバサ »

走り書き」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205060/6294202

この記事へのトラックバック一覧です: 曇りつづき:

« 君はコーラリアンを知っているか | トップページ | バッサバサ »