« 冒険しないという冒険 | トップページ | 大日本人だよ »

2007年6月 9日 (土曜日)

宇宙から来た少女

Du_1 「マルレーネ・デュマス—ブロークン・ホワイト」展(東京都現代美術館)「マルレーネ・デュマス—Light and Dark 1987-2007」展(ギャラリー小柳)を観た。もういつだったか忘れてしまったが、何年も前、現在も展覧会を開催している銀座/ギャラリー小柳で、初めてデュマスの水彩画を観た時、死体を描く人だ、と、思った。今回は観ながらマイケル・ジャクソンを思い出した。
※「宇宙から来た少女」は現美出品作の題名の一つ

▼「マルレーネ・デュマス—ブロークン・ホワイト」東京都現代美術館:4/14-7/1/2007
http://dumas.jp/j_index.html

▼「マルレーネ・デュマス—Light and Dark 1987-2007」ギャラリー小柳:4/17-6/16/2007
http://www.gallerykoyanagi.com/
-------------------------------------------------------------------
追記:
ちなみに今、東京都現代美術館の常設展示では、新しくコレクションに加わった作品を中心に展示していて、韓国人アーティスト、スゥ・ドーホー(b.1962)の、2005年にメゾン・エルメス8階フォーラムで展示した作品、薄い布で作られた、中空に浮かぶ淡いグリーンの門が、包み込むような空間で出迎え、会田誠(b.1965)の「戦争画リターンズ」や、岡本太郎(1962-1996)の1968年にメキシコで描いた30メートルに及ぶ巨大壁画「明日の神話」など、いろいろ補填出来てお得感あり。

|

« 冒険しないという冒険 | トップページ | 大日本人だよ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205060/6726877

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙から来た少女:

« 冒険しないという冒険 | トップページ | 大日本人だよ »