« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の5件の記事

2008年2月24日 (日曜日)

YOU ARE LEAVING..

先日告知した飯田橋、ブリティッシュカウンシルでのオープン・フォーラム「アーティストキャリアのどう役立つアーティスト・イン・レジデンス」が月曜日無事大盛況のうち終了。主催のJ-AIRネットワーク会議実行委員会によるブログ「Artist in Residence Program in Japan」に報告を掲載したとの事なのでお知らせ。リンク→http://japanair.exblog.jp/7325075/
3
このフォーラムでアーティスト・イン・レジデンスという機会がアーティストキャリアに「どう」役立つのか分かった人がいたのかわからないのだけど、ってか僕はアーティストキャリアなんてものを考えて活動して来た前科がないので一体どういったものがアーティストキャリアに役立つと一般の(?)アーティストは考えるのかよくわからないのだけど、ゲストトーカー三人のスライドやビデオによるプレゼンテーションは三人共々持ち時間の20分を遥かに越えたオシオシのこれはほんとにとっても元気のいいフォーラムだった。(ゲストトーカー:
嘉藤笑子(AANディレクター)ショーネッド・ヒューズ(UK振付家)水谷一(美術家)

レジデンスプログラムという形がアーティストにもたらす一つは、こういうフォーラムもひっくるめていろんな種類の人達のいろんな種類のアートに対しての期待とか思いとか冷たい視線とかっていう遊び相手でありケンカ相手であるのだと思う。って書いてたら昨年末までアーティスト・イン・レジデンスで滞在していたアメリカ・ヴァーモントで出会ったカザフスタンのアーティスト、アタベコフ・サイードからついこないだ送られて来た写真作品画像を思い出したので掲載。01_100_7103

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土曜日)

2/18飛び込み可能

先日このブログで告知したブリティッシュカウンシルでのオープン・フォーラム『アーティストキャリアにどう役立つAIR』。ブログ掲載した時点で申し込みの期限が過ぎていたようで、がっかりした方ごめんなさい。で、す、が、当日飛び込み〜申し込みなしで来ても参加可能とういう事ですので、興味を抱いた方、是非お越し下さい。

オープン・フォーラム
アーティストキャリアにどう役立つAIR
 

日時:2008年2月18日(月) 17:30〜20:30(受付開始:17:00)
会場:ブリティッシュ・カウンシル
東京都新宿区神楽坂1−2
総武線飯田橋駅西口より徒歩6分
東京メトロ飯田橋B3出口より徒歩5分
◆ゲスト・スピーカー
嘉藤笑子(AANディレクター)
ショーネッド・ヒューズ(UK振付家)
水谷一(美術家)
◆モデラー:日沼禎子(国際芸術センター青森)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水曜日)

アーティスト・イン・レジデンス/オープン・フォーラム

来週月曜日(2/18)東京、飯田橋にあるブリティッシュ・カウンシルにて、J-AIRネットワーク会議実行委員会というところが主催で開催されるアーティスト・イン・レジデンスに関連したフォーラムに参加します。アーティスト・イン・レジデンスとはいかなるものか、を、紐解くフォーラム(→Y!辞書)との事。私は昨年滞在〜制作したイギリスのレジデンス・プログラム「ART GENE」での体験を中心に喋る予定。(過去エントリ→ART GENE滞在〜制作記Airair以下はその告知BCCから転載。

************************<転送歓迎>***************************
オープン・フォーラム
『アーティストキャリアにどう役立つAIR』

日時:2008年2月18日(月)
17:30〜20:30(受付開始:17:00)

会場:ブリティッシュ・カウンシル
東京都新宿区神楽坂1−2
総武線飯田橋駅西口より徒歩6分
東京メトロ飯田橋B3出口より徒歩5分

◆入場無料 *要参加申込
◆対象:学生、アーティスト、英国アートシーン、AIRに関心をお持ちの方
◆主催:J-AIRネットワーク会議実行委員会
◆協力:ブリティッシュ・カウンシル

参加申込方法、詳細は下記参照のこと。

創作の場を求めて国際的に活躍する「アーティストのレジデンスサイト」

敢えて、異なった環境や文化の中に身を置き、長期に滞在しながら表現活動を行うことや、そのアーティストの活動を後方支援する事業を、一般的にアーティスト・イン・レジデンス(以降、AIR)と言います。海外の若いアーティストたちは、自己の表現に磨きをかける場として、自分に相応しいAIR先や滞在のチャンスを探し求めています。また、一方、国際社会もアーティストたちの表現活動は、ゆるやかな文化翻訳の役割を担うとして、その活動を高く評価し、受け入れに熱心です。
日本のAIRの専門家、英国のAIRを調査した研究者、日・英のAIRアーティストを囲み、さまざまな視点からAIRについて考察し、会場の参加者と活発な意見交換を行います。特に、海外のレジデンスサイトに挑もうとしている若いアーティストや学生の皆さまの参加を、心より、お待ちしております。

****************

オープン・フォーラム 
『アーティストキャリアにどう役立つAIR』

◆ゲスト・スピーカー
嘉藤笑子(AANディレクター)
ショーネッド・ヒューズ(UK振付家)
水谷一(美術家)
◆モデラー:日沼禎子(国際芸術センター青森)

****************

AIRのショーケース
フォーラム開催会場では、国内、海外のAIRサイトの写真、カタログ、ウエッブ資料などの展示を同時開催。また、ベテランのAIR担当者が質問に答える相談コーナーも用意しました。チャレンジ・スピリットのアーティストのかたは必見です。是非、ご来場ください。(★資料の閲覧17:00〜)

****************

後援:国際交流基金
協力:大和日英基金
資料協力:NPO法人S-AIR、国際芸術センター青森、アーカスプロジェクト実行委
員会、岩瀬石彫展覧館、アートスタジオ五日市運営 委員会、トーキョーワン
ダーサイト、遊工房アートスペース、美濃・紙の芸術村実行委員会、(財)瀬戸
市文化振興財 団、財団法人滋賀県陶芸の森、財団法人京都市芸術文化協会、大
阪府立現代美術センター、長沢アートパーク事業実行委員会、秋吉台国際芸術
村、福岡アジア美術館、他

****************

◆参加申込:下記宛先に2/10(日)までにお申し込みください。
FAX :03-3234-6789   
Email :desk-air@endeavor.or.jp

****************
J−AIRネットワーク会議実行委員会
〒102−0075 
東京都千代田区三番町1−HR302

電話:03−3262−2922
Fax 03−3234−6789
Email desk@art-tech.jp
************************

Artist-in-Residence
Open Forum
February 18, 2008

*************

British Council
1-2, Kagurazaka Shinjuku-ku, Tokyo 162-0825
*****
Access to the British Council:
6 minutes walk from JR Sobu Line Iidabashi Station West Exit 5 minutes walk from Tokyo Metro Iidabashi Station B3 Exit
*****

February 18, 2008, Monday 5:30~8:30 pm
Reception from 5:00 pm

**************
Organizer: The Japan AIR Network Committee
Supported by British Council
******************
Artist residence sites for artists seeking
international mobility and a place to create
In this international age, many artists are also crossing borders in search of places in other parts of the world that give inspiration and provide positive environments for creative activity. It is the job of Artist Residencies (AIR) to support these artists. British artists currently working in Japan, and AIR directors from around the country will give a wide range of practical information on AIRs.

AIR Showcase
In the forum meeting place, there will be a display of photos, catalogues, web and other information on Japanese and foreign AIR sites. There will also be a consultation booth where you can ask questions directly to experienced
AIR directors. For determined and spirited artists, this is an event not to
be missed.

*View of publications from 5:00 pm
****************:
Endorsed by: Japan Foundation
Material cooperation :
NPO S-AIR, Aomori Contemporary Art Centre, ARCUS Project, Iwase Rock
Museum, Arts Initiative Tokyo, Art Studio Itsukaichi, Tokyo Wonder site, Youkobo
Art Space, Mino Artists in Residence、Seto City Cultural Promotion Foundation, The Foundation of Shigaraki Ceramic Culture Park、Kyoto Art and Culture Association, Osaka Contemporary Art Center, Nagasawa Art Park, Akiyoshiai International Art Village, Fukuoka Asia Museum, Res Artis, Trans Artists and etc.
*****************
AIR Dialogue
Guest speakers:
Ms. Emiko Kato, Co-director of Art Autonomy Network,
Lecturer at Musashino Art Univ..
Ms. Sioned Huw
Choreographer, UK
Mr. Hajime Mizutani,
Artist, Japan
Moderator:
Ms. Teiko Hinuma, ACAC
*****************
Contact Office:

J-AIR Network Committee
HR-302, 1 Sanbancho, Chiyoda-ku
Tokyo, Japan 102-0075
Tel.03-3262-2922, Fax.03-3234-6789
E-mail infodesk-air@art-tech.jp

********************


| | コメント (0) | トラックバック (0)

何モノか、か?

たまにこの中島みゆきの映像に出会うといつもこのヘンさは何モノかだよなーっと思ったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土曜日)

ファイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »