« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の9件の記事

2008年4月20日 (日曜日)

みかんとバロー

080409artgene_1_6080409artgene_2_3 昨日(4/19)土曜日は、建築設計事務所「みかんぐみ」の『Art Gene報告会“Mikan-in-Residence”』を聴きに横浜・馬車道駅前のBankART1929に。Art Geneは、去年9〜10月に僕がアーティスト・イン・レジデンス(滞在制作事業)で滞在していたイギリス、北西部・バローにある施設。“みかんぐみ”のメンバーであ る四人は、僕が滞在したすぐ後、ほとんど入れ替わる感じで、昨年11月から今年3月までの間、順番に一人およそ二週間ずつ、滞在していたらしい。まだまだ現地をリサーチ、というかバローの雰囲気を感じて来たというくらいで、これからバローという街で何が出来るかを時間をかけて具体的にしていくという段階との事。バローは古い工業街であり、産業革命当時はかなりお金の動いた土地であるが、現在は巨大な(おそらく数百億の投入される)原子力潜水艦の製造工場という以外は、終わってしまった“うらぶれた”都市であり、いま街は観光等を目玉に再生の時代を築こうとしている。また、14世紀頃の城跡などの遺跡も少なくなく、少し郊外に出ればピーターラビットの里のような自然が溶け込んだ、何と言うか、漫画家・大友克洋の劇場版アニメ「大砲の街」(1995年制作映画「MEMORIES」と同時上映)のようなところでもある。“みかんぐみ”とArt Geneのバローヘの関わりは大公共事業へ発展するような種類のものではないという事だが、さて、行く末が楽しみだ。

Art Gene報告会“Mikan-in-Residence”チラシ掲載文▶「イギリスの北部イングランドのバロー・イン・ファーネスという場所にある、アートジーンというアートカウンシルに招待され、みかんぐみからそれぞれのメンバーが交代に、2007年11月1 日から2008年3月5日までの期間滞在してきました。
バローは、イギリスの湖水地方の南、また自然の豊かな海辺の町で、原子力潜水艦の基地の町です。そこには、18世紀からのテラスハウスが建ち並んでいて、 まちの表情をつくっています。アーティストである彼らは、そのテラスハウスを題材にアート活動を行うことで、まちの活性化したいと思い、建築家と共同でプ ロジェクトを立ち上げたいと考えていました。

プロジェクトは、これから継続的に続けられる予定で、まだ取りかかったばかりですが、滞在をとおして感じたこと、これからの活動のことの中間報告をさせて頂きたいと考えています。」 

(以下“Art Gene”と“みかんぐみ”の説明文BankART1929 mail news - Vol.231」より)
Art Gene
アーティストのSturt BastikとMaddi Nicholsonらが立ち上げたart councilで世界の数々の国からアーティストインレジデンスを行い、アート活動を続けている。
http://www.artgene.co.uk/ 
(日の丸のアイコンをクリックすると日本語のページがあります。)
みかんぐみ
加茂紀和子、曽我部昌史、竹内昌義、マニュエル・タルディッツの4人のメンバーによる建築設計事務所。本町ビルシゴカイに事務所がある。
http://www.mikan.co.jp/ 

.........................
以下は僕のバローでの制作滞在記
http://hajimemizutani.cocolog-nifty.com/blog/art_gene_1/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣きたいときは

▼Veoh Video Network 「過去からの日記」
http://www.veoh.com/videos/v7604499Rg2ZXqy?searchId=540592399424530432&rank=2

3そんな探してもなかったけど、もう長い事、見つけらんないだろなーっと勝手に思い込んでたテレビドラマ(フジ)「世にも奇妙な物語」の名作の一つ「過去からの日記」(2004/9/20放映)にVeohで偶然出会って久々見て泣いた(笑)女優・蒼井優がまだ初々しい幼い表情を残す。うん間違いない。文句なく号泣!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水曜日)

くるっとまわっていっかいてん

222 もう終わってしまったが、というか報告がずいぶん遅れたけれど、先月末(3/30)日曜日、AAN(アート・オウトノミー・ネットワーク)主催で、「ふたつのアートミーティング」という企画の一つ、横浜のZAIMという施設で開かれた「ポートフォリオ・ミーティング」に参加して来た。天野太郎(横浜美術館主席学芸員)、住友文彦(東京都現代美術館/アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT))、Colin Guillemet (PILOT)のお三方をゲストに、16名のアーティストが、それぞれ5分間のプレゼンテーションを行ない、引き続き5分間ゲストと共にディスカッションを繰り広げ、観客はそんなこんなを観戦っというもの。早い話がプレゼン大会。なんつーかアーティスト傾向いろいろ過ぎてビックリした。AANのポートフォリオ・ミーティング宣伝文は以下。

「アーティストが活動のチャンスを広げるためにキュレーターや観客の前で公開プレゼンテーションを行います。ポートフォリオや画像を活用してアーティストが 自分の言葉で作品について発表していくものです。アーティストは、他者の目を通して自作を再認識し、国際的なキャリアを築くためにキュレーターと実践的な 意見交換をしていきます。・・(中略)・・これまで作品を鑑賞するだけの立場であった観客が普段出会うことのないアーティストやキュレーターと直接話すことで、コンテンポラリー・アートに 触れる機会となります。」

AAN(アート・オウトノミー・ネットワーク)▶http://www.a-a-n.org/

もちろんこうした目的が主催者側にはあり、参加するアーティスト各々もおそらく多分少なからず何か個人的な“参加する目的”を持って、このイベントに臨んでいたのだと思う。ぶっちゃけアートファンかアートを商売にしようとしてる人々を対象にしたイベントではあるのだと思うけれど、なんとなく、何かそれを越える、つまりそれ自体が目的化したイベントと捉えて展開してもいいんじゃないかな、と、思った。具体的な前述したようなイベント目的を排除する事で、アートを興味のある人の為だけに在るものではなくって、興味のあるなしに左右されないものとして存在させる事が出来ないかなと。先日観客として聞いて来た世田谷美術館での「存在」をテーマにしたシンポジウム(→過去エントリ)は(全公演を観戦出来なかったのに言うのもなんだが)、際立って“なんのために?”開催されているのかが見えないイベントだった、に、も、関わらず、ヘタなグループ・ショーを観るよりもずっと充実していたように感じた。それはAANの「ポートフォリオ・ミーティング」しかり。雑多である事がそのままイベントを作っているようだった。

▼『くるっと・まわって・いっかいてん』歌:キグルミ
アニメ「ケロロ軍曹」第155話(2007/4/7)〜第168話(2007/7/7)エンディングテーマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木曜日)

このゴロ展覧会あれこれ

川俣正:通路 展(東京都現代美術館
通路 会場中にベニヤの壁を配しまくり、鑑賞者、というか何を観るべきか、何が作品か、何がアートなのか、明確に示唆されない観客達の歩く導線を様々に作り、遮り、たくさんの足を使わせ隈無く歩かせ迂回させ、その先にあるだろう期待を裏切り、数々の発見を促すという趣向の展覧会。数々の発見とは高い壁で閉塞的な通路の先に広がるぽっかり空虚な空間であったり、幾らかの点在するラボと呼ばれる何らかの研究団体の発表だったり打ち合わせだったり、それから至る所に散在する写真やアイディア・スケッチ、模型、ドキュメント・ムービー等による川俣正の活動の歴史資料群などの事。川俣正というアーティスト、或いはアートというものへの「信頼」なしでは観る事が出来ないって気がした。なんだか疲れたという記憶ばかりが蘇る。

MOTアニュアル2008:解きほぐすとき 東京都現代美術館
Tokihogusu 毎年行なわれる、若手アーティストの作品出品を中心としたアニュアル展覧会(annual:[形] 1 年1度の, 例年の, 年次の;年中行事の→Y!辞書 )。今年の出品者は金氏徹平、高橋万里子、立花文穂、手塚愛子、彦坂敏昭の5人で、テーマは「解きほぐすとき」。展覧会冒頭の解説を読むと、なんか聞き覚えが・・っとそう言えば去年の国際芸術センター青森、秋のレジデンス・プログラムのテーマ「裏糸」にも似てる。展覧会パンフレットによると「解きほぐし、読み解く行為を通じ、自分なりに世界の輪郭を捉えようと試みる5人の作家を紹介」との事。このいかようにも転び得る「自分なりに」という言葉が気になる。

ヴィヴィッド・マテリアル 展(東京藝術大学美術学部中央棟2Fアトリエ)
(出品作家)名和 晃平、池田 剛介、大庭 大介、塩原 れじ、田幡 浩一、(企画監修)木幡 和枝、(キュレーション)粟田 大輔。先日来日が中止された思想家、アントニオ・ネグリ来日〜関連イベントのひとつとして企画されたという、小作品で構成された展覧会。会場に表題などを示すキャプションを発見出来なかったので、いくつかの作品で作者が誰なのか、確たる事は言えないのだけど、初めて観た(たぶん)塩原れじ氏の映像作品にちょっと惹かれた。一人の女性の上半身撮影のポートレイト。笑いながら、回旋塔でも使っているのか(?)揺らめきながら回っている。奇妙な浮遊観。しかし大きさや形状の決定権は、何がどうして握っているのだろう、と、いうのは、この展覧会のかなりの作品において、そして先に書いた現美アニュアルのほとんどの作品にも同様に覚えた感覚である。展覧会のデザインか、販売か、或いは他の理由か、スケールや形状を決定しているものが実際一体何なのか見えない、、って言うか全部の要素がパチーっと何でもいいけどそのアーティストの表現という一点で結実してるものがそろそろ観たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月曜日)

ヴァーモントにて

Dsc00055 昨年アメリカ・ヴァーモントで知り合ったタイの彫刻家、スラチャイ君から、今更〜ではあるが、その当時の写真が何枚かメールで送られて来たので、その一枚をこのブログのプロフィール写真にしてみた(右)。これは・・・・・・なんだっけ?っつか何してんのオレ?(笑)左の写真もヴァーモントで・・酔っぱらってますね間違いなく(^ω^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土曜日)

世田谷美術館にて

「存在」という漠然とした、というか、巨大な、重量感のある、膨大なイメージを持つ言葉をテーマとして掲げたシンポジウム(Personal Structures主催)を聞きに、先日四月二日、桜の舞う東京は世田谷の世田谷美術館まで行って来た。数人のアーティストが一人ずつ約40分間「存在」というテーマについての考えを披露するというもの+対談。『シンポジウム』をY!辞書で引くと《聴衆の前で、特定の問題について何人かが意見を述べ、参会者と質疑応答を行う形式の討論会。語源はギリシア語のシンポシオンから。》。『symposium』は《1 ((形式))(聴衆の前で行う)討論[談話, 座談]会, シンポジウム. 2 ((形式))(特定の問題の)評論集;討論会の記録. 3 (古代ギリシャ・ローマにおける)酒宴, 宴会;『饗宴』(プラトン作). ・・》。うん、なんか数人で討論したり座談会したりってイメージあってるよね。や、確認として。ま、ともあれ、最初の一日しか行けなかったけど、二日間の日程(4/2~3)で、どういった基準の人選が行なわれたのかものすごく疑問だが、美術の教科書級の大御所から、無名所まで様々々。行った日はコンセプチュアル・アーティストの代表的人物の一人、ジョセフ・コスース(Joseph Kosuth: b.1945)と、現地制作を中心に、制作過程を重視した作風で世界を舞台にするアーティストでありながら、2005年の横浜トリエンナーレのディレクターも務めた川俣正(b.1953)の二人による対談って目玉もあるし〜って行ったのだけども残念ながら、パリ在住の川俣正氏がスケジュール上帰って来る事が出来ず中止・・。でも何故か司会者から外国人、喋りも外国人らしく英語、アーティストも数人外国人なのにも関わらず、何故か何故か「英語→日本語」の通訳も「日本語→英語」の通訳もナシナシ(´;ω;`)。だから多分対談も英語のみ通訳ナシで、実際予定通り実施されたとしてどれだけ聞き取れたか相当怪しいっので、ま、いいか。日本語で行なわれた→彫刻家の遠藤利克(b.1950)氏の思想を自作による図表で解説し、一人の彫刻家として、言葉と供犠(くぎ:神に、いけにえを供える宗教的・呪術的(じゅじゅつてき)儀式。また、そのいけにえ。きょうぎ。→Y!辞書より)と空洞(不在の在に生じる想像力)の概念を使って「存在」を規定し、自作を展開して来た話も面白かったし、そして岡部昌生(b.1942)というアーティストの発見があったのはよかった。

岡部昌生わたしたちの過去に、未来はあるのか―The Dark Face of the Light 岡部昌生わたしたちの過去に、未来はあるのか―The Dark Face of the Light

販売元:東京大学出版会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨年2007年の第52回ベネチア・ビエンナーレに、日本パビリオン(港千尋キュレーション)で参加したアーティストである。岡部氏は、様々な土地や物を、紙や布に鉛筆やクレヨンでフロッタージュ(上から擦り付けて形や肌合いを浮かび上がらせる絵画技法)する制作を、なんと30年もの間継続している。迂闊な事にというか不勉強な事に、昨年ベネチアに参加した事は知っていたが、どういうアーティストであるか、ほとんど無知であった。シンポジウム後、思わず東京大学出版会出版の作品(活動)集(¥3,800)を買ってしまったが、その30年間、かなり活発に活動を続けていたようだ。時流とか流行とか美術的な文脈とかとは一線を画した地平に立った思索の展開であった為に、旺盛な活動の反面、メディアにあまり目立って来なかったのではないかと予想されるが、どうなのだろか。紙と鉛筆を使用、描画された物体を物体としてインスタレーションするやり方、どれも私のある方向性と、パッと見類似していると言えるが、まったく異なるコンセプトである、が、しかしそれでも発想、思想の方向に共通項は多々あり、あるからこそスゴく明確に浮かび上がって来る差異が面白いと感じた。岡部氏の作品は、生身の身体の存在が作品に力を与え続ける事を印象付けながらも、鉛筆を走らせたその個人(作者)の作業・時間・生の帰結としての「現れ」自体にというよりも、その事象、そうした事が行なわれたというその行為(パフォーマンス)にスポットを当てる事で、その都度の「場所(特定の/選ばれた)」に眠っていた想像の可能性を発掘する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水曜日)

The Big Wheel

小田急線「向ケ丘遊園」駅を降りて10分ほどゆるやかな坂を上ったところに桜のきれいな生田緑地という場所がある。その敷地内にある川崎市岡本太郎美術館に、岡本太郎現代芸術賞を観に行ったのは久しぶり。今回は第11回。訪れたのは2004年の第7回に自分が出品して以来の事。その当時とは賞の名称も審査員も様変わりし、現在は美術評論家であり多摩美術大学准教授の椹木野衣氏、同じく評論家でありながら明治学院大学教授の山下裕二氏、ワタリウム美術館キュレーターの和多利浩一氏など。今回の太郎賞(最高賞)はKOSUGE1-16というアートユニットの「サイクロドロームゲームDX」。自転車のレーシングゲームで、備え付けの実際の自転車を漕ぐ事で、小さな模型の自転車レーサー達が、木材で作られたサーキット上で熱戦を繰り広げるという、観客参加型の作品である。会場で配布されている冊子には審査評として、誰が書いたのか知らないが(明かされていないが)次の事が書かれていた。

コミュニケーションをテーマとする参加型の作品でありながら、ありがちなコンピューターや映像を用いる事なく、インタラクティブな効果を実現した力感あふれる作品である。素材も、アナログ感を強調する為に木材を用いて荒々しく仕上げており、作品にもコミュニケーションの方法にも強さを感じる。楽しさ、強さ、スリリングさなどをあわせ持つ岡本太郎賞にふさわしい作品である。

このコメントを読んで、根本的に全く全然異なるが、アメリカのスターの1人(!?)、アーティスト、クリス・バーデン(Chris Burden: b.1946)のバイクでデカイ車輪を高速回転させる痛快な作品「The Big Wheel」(1979)を思い出した。逆に言うと当のKOSUGEさんの作品には審査評のような事を感じなかった。審査員さん達は「The Big Wheel」のようなイメージを重ねていたのだろうか?「The Big Wheel」は以下のYouTube動画で見ることが出来る。

川崎市岡本太郎美術館▶http://www.taromuseum.jp/
KOSUGE1-16http://homepage.mac.com/kosuge1_16/
Chris Burden: From Wikipedia, the free encyclopedia▶http://en.wikipedia.org/wiki/Chris_Burden

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火曜日)

バタフライか・・

「ガンジス川でバタフライ」を観た。映画、ではないのか、メ〜テレ開局45周年ドラマスペシャルだそうだ。DVDで観たんだけど。メ〜テレってなんだ?ってウィキによれば、そうか名古屋テレビ放送の通称なのか。まいっか。脚本・宮藤官九郎だし、雑誌「hon・nin」で連載中の小説「君は白鳥の死体を踏んだ事があるか(下駄で)」にしても、うまいタイトル付けるなってか、やってるなーっと思って観てたけど、これ原作あるのね。ストーリーは何と言う事もない感じだったが、それを気にさせないテンポの良さと、いっときいっときの引きつけの強さはやはりクドカンの力。面白かった。しかし長澤まさみはかわいいなー。クドカンが引き出したと言うべきか、 このただならぬかわいさは「やまとなでしこ」の松嶋菜々子を思い出す。ガンジス河でバタフライ ディレクターズ・カット版【2枚組】


メ〜テレ開局45周年ドラマスペシャル「ガンジス川でバタフライ」
http://www.nagoyatv.com/ganges/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日で観たわけじゃないよ

ケロロ軍曹 ぬいぐるみキーチェーン タママ二等兵ケロロ軍曹ぬいぐるみキーチェーン-ドロロ兵長 ケロロ軍曹ぬいぐるみキーチェーン ケロロ子供ver ケロロ軍曹ぬいぐるみキーチェーン クルル曹長 ケロロ軍曹ぬいぐるみキーチェーン ギロロ子供ver

以前観かけたアニメ「D.Gray-man(ディーグレイマン)」、そろ、そろ終わって(最終回を迎えて)るんじゃーないかと思って、まとめて入り込んで観ていたのだが、観てる最中新聞テレビ欄で未だ大好評放映中なのを知ってしまった。。とにかく76話まで。んで「げんしけん2」(これは完結全12話)を観て、それから引き続きまだまだ続行中「BLEACH(ブリーチ)」166話までを観て観て・・んでんでこれまた大人気アニメ「ケロロ軍曹」。これは今どのくらい進行してんだっか知らんけど、とりあえず20話まで。つか「げんしけん」以外どれも長っ!!ってってもなんかそういうのにも慣れて来て、打ち切りかなんか知らんけど12話とかものすっごい短く感じる。いま「ガンダムシード」とか見るとすごいストーリー焦ってる感じとかするのかなーと思いつつ、どれも終わらない事に消化不良。「ケロロ軍曹」さすが面白い。ガンダムとかエヴァのパロディっつかパクリっつか満載で(笑)でもわかんない子供も多いんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »