« ヱヴァ新劇場版(序) | トップページ | ホームページ:アドレス変更のお知らせ »

2008年5月27日 (火曜日)

ミニマルバロック

清澄白河・SHUGOARTS「戸谷成雄:ミニマルバロック III」展を観た。久々にオープニング・レセプションに赴く。近年の(?)新しいもの嗜好で、日本のアート界は、若手若手、次から次へと新人アーティストばかりに焦点を当てたがるが、戸谷成雄(b.1947)は、未だ、日本を代表する彫刻家、と、呼ばれるアーティストの1人である。近年シリーズ化している「ミニマルバロック」(「ミニマル」と「バロック」という相反する言葉を繋ぎ合わせた造語)でありつつも、80年代半ば〜90年代に数多く制作された戸谷氏の代表シリーズ「森シリーズ」の、まさに復活と言える展示内容。高さ2.5メートルほどの木彫が整然と、しかし迫力満点にギャラリーをいっぱいに使って並べられていた。私はもう久しく過去の「森シリーズ」の作品を観ていなく、そもそもその体験の数も少ない。だから過去に出版された戸谷氏の作品記録集に頼るしか今は道がないが、その違い、過去制作された作品と比較して、今回のものが如何に異なった意識の元に作られ、如何に異なった様相を見せていたかは皆目わからなかった。ギャラリーに赴いての実作品の鑑賞にそんな事は必要のない事なのかも知れないし、実際、そんな事は期待されてもいないのかも知れないが、それはわからない。

▼SHUGOARTS:戸谷成雄/ミニマルバロック III:2008年5月24日(土)〜 6月21日(土)
http://www.shugoarts.com/jp/current.html

▼Culture Power/ インタヴュー:戸谷成雄×岡部あおみ 
http://apm.musabi.ac.jp/imsc/cp/menu/artist/toya_shigeo/interview.html

|

« ヱヴァ新劇場版(序) | トップページ | ホームページ:アドレス変更のお知らせ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205060/21209953

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマルバロック:

« ヱヴァ新劇場版(序) | トップページ | ホームページ:アドレス変更のお知らせ »