« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の5件の記事

2008年6月30日 (月曜日)

“ごまかす”の語源は“ゴマフアザラシ”

フォトポスター『ゴマフアザラシ』【ポイント10倍★6/30AM9:59マデ】アニマルポスター 「・・・・この展覧会はごまかすってわけにもいかないしなぁ」先日、とある人気アーティストが、話の最中に、これから行なわれるその人の展覧会出品についてこんなような事を言っていた。この時、この人が僕に(或いは同席していたもう一人に)言いたかった事、言葉の意味した事が僕に正しく伝達されたのかどうか、この人の過去の作品・展覧会の中には、しばしばでも稀にでも“ごまかされた”ものがあるのか否か、という事はわからないし、今確認のしようがないし、この文章で今このエントリで僕が書こうとしている事とはあまり関係がない。しかしながら、こうした物言いをこの時生まれて初めて耳にしたのかと言えばけっしてそうではない。そして、そうしたいくらかの言葉を通り抜ける中で(無自覚に右から左へ受け流して来た程度だが)居心地の悪さ、耳障りの悪さ、違和感を、僕は僕の身体に少なからぬ量、蓄積させて来た気がする。

この日この時、僕の日常にとって、この“ごまかす”という単語自体があまりにも久しぶり過ぎたという事もあるのだろう、新鮮味を帯びて響いて来た、と、同時に、どういう意味内容をその 「・・・・この展覧会はごまかすってわけにもいかないしなぁ」が持っているのか皆目ちっとも解らなかった。もちろん“ごまかす”という単語がどういう意味を指し示す単語かはわかっているし、わかっていた。あんまり連呼してるとわかってるはずの単語でも疑心が生まれて来るので、Yahoo!辞書から以下、引用しておく。

ごまかす
1 本心を見やぶられないように、話をそらしたり、でまかせを言ったりして、その場やうわべをとりつくろう。「笑って―・す」「年を―・す」「世間の目を―・す」
2 人目を欺いて不正をする。「帳尻を―・す」「不良品を―・して売る」
◆「誤魔化す」「胡麻化す」などと当てて書く。

うん、まあそんなとこ。すると 「・・・・この展覧会はごまかすってわけにもいかないしなぁ」は 「・・・・この展覧会は本心を見破られないようにうわべをとりつくろうってわけにもいかないしなぁ」とか 「・・・・この展覧会は人目を欺いて不正をするってわけにもいかないしなぁ」とかって言い換えてみる事が出来るかも知れない。ついでに「ごまかす 作品」というキーワードでヤフー検索してみる。

67

こんな感じ(上画像クリックで拡大)。まあ当たり前の事の確認だけど、見渡してみると“ごまかされる物事”とはつまり“本来的にあるべき状況”なるものが前提として設定されて初めて成立する状況・物体であり、“ごまかす”とは、そうした前提、或いは“こうあって欲しいという希望的ビジョン”に対しての背徳行為と言う事が出来そうである。

腐って腐臭を発するやっばい返品された肉をひき肉にしてもう一回、これ新鮮ピチピチだよって言って出荷したり、間違った表記をし たラベルをあえて何かのたくらみによって添付された肉は“ごまかされた”ものであり、消費者の求める本来あるべき状況・希望的ビジョンとはかけ離れたも のである。

アーティストの作品や展覧会に対しての関わりに本来あるべき状況・希望的ビジョンがあるとして、それがごまかされた状況とはつまり、腐って異臭のぷんっぷん漂う肉がもはや商品にはなり得ないように、アートではあり得ないのではないか。商品になり得ないものを商品であると偽るように、アートではあり得ないものをアートであると偽る事で得られる何かというのがあるのだろうか。

や、いやそもそもアーティストの作品や展覧会に対しての関わりに、本来あるべき状況・希望的ビジョンが存在するって事自体わからない。ごまかされる対象が美術制作の内に存在する事がわからないのだ。

べつに自分の作品には“ごまかし”は一切ないなんていう無意味な自己顕示をしたいわけではない。作品や展覧会に対し“ごまかす”と言える感覚がわかり得な いだけに、“ごまかさない”“ごまかしがない”と言える感覚もまたわかり得ないから、そうした事が一切ないなどという事も又一切言えない。

.........................................................
ちなみに語源サイト「語源由来辞典」によると以下が“ごまかす”の本当の由来なんだそうだ。

ごまかすは、江戸時代から見られる語で、漢字で「誤魔化す」と書くのは当て字である。
ごまかすの語源には、二通りの説がある。
ひとつは、祈祷の際に焚く「護摩(ごま)」に、「紛らかす(まぎらかす)」などと同じ、接尾語「かす」が付き、ごまかすになったとする説。
この説は、弘法大師の護摩の灰と偽り、ただの灰を売る詐欺がいたため、その詐欺を「護摩の灰」、その行為を「ごまかす」と言ったことからとされる。
もうひとつは、「胡麻菓子(ごまかし)」を語源とする説。
「胡麻菓子」とは、江戸時代の「胡麻胴乱(ごまどうらん)」という菓子のことで、中が空洞になっているため、見掛け倒しのたとえに用いられたことによる。

http://gogen-allguide.com/ko/gomakasu.html

そしてゴマフアザラシは漢字で「胡麻斑海豹」(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日曜日)

だいたい

このところ継続して制作している272センチ四方の平面作品。これはだいたい延べ二ヶ月くらいで出来上がる。というかこれまで出来上がって来てる。このシリーズにおいて、あくまで「だいたい」で、決して同じという事はないが、このサイズはだいたい二ヶ月の作品であり、なんとなくでもこのシリーズ作品は、だいたいいつ頃完成に至るか予想のつくもののような気がしていた。

まあ、ここまでの物言いで察しは付くだろうが、このシリーズは、最初から二ヶ月という時間を費やす事自体に意味を見出して作り始めたシリーズではないし、紙のサイズも、経験と直感によって、描く一筆一筆のサイズやその質、出来上がってゆくテクスチュアとの相関関係などから導き出された。しかしだからと言って、その費やされた時間というものに意味がないわけでも、やはり、ないのだろうとも思う。

やっぱりいまも今日も作り作り続けているわけだが、昨日で作り始めて丸々一ヶ月が経過した。一ヶ月は経過したが、予想された一ヶ月分の仕事の量ではないようだ。このシリーズにおいて進行は、単純に一見して判断出来る筆致の量によって推し量る事が出来る。途中段階のそこに至るまでの筆致の量をそれが描かれた日数で割り、一日分の量を算出すれば、制作される紙の総サイズ内の余白が、その途中段階から、おおよそどの位の日数でうずめられるか、つまり完成に至るかという検討が付く。

しかしながら前々回の同シリーズ(同サイズ)作品のペースと、前回のペース、そして今回との差異が、いったいどういうポイントにあるのかという事が明確に理解されない以上、これも当てになるものではない。まるで。てんで。実際理解出来ないし、だから当てにならない。

今現在進行中の作品において、少ない統計から垣間見えた二ヶ月のペースってものを基準にすれば、この今の段階、明らかな遅延をしている。紙面を見ると、遅いだけあってか確かに大部分の筆致の単位は、前作と比較して、目に見えて細かくなっているようだ。さらにそれには、つまり筆致が細かくなっているという事実には、起因となるものがきっとあるには違いないが、そこで何が原因となっているかを考える事が、作品にとって重要であるようにも思えない。いや、おそらく暴いてはいけない領域のものである。第一、意識的とも無意識的とも言えない実戦としての筆致が無数に、本当に無数に錯綜していて、起因となるものを特定するなんて事が可能であるとも到底思えない。だから制作のペースの差異は謎のまま、「だいたい」のままで、常常、完成の時を推し量り切る事は出来ない。

実は、この作品が今本当のところ遅延しているのかどうかもわからない。終わってみれば二ヶ月ピッタリという事だって充分に考えられるし、もっともっと早くに完成する可能性だってまだ残している。

もちろんこの遅延は善し悪しとは無縁である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日曜日)

パン食い競走

オフィシャルファンブックらき☆すたこなたの方程式もうずいぶん前にアニメ「あずまんが大王」の話の中で「“パン食い競走”のパンはどうやって吊っているか?」というのがあって、「釣り針じゃないの?」なんて言って怖い想像をしている場面があった。解答なし。で、別に気になったというほどの事でもないけど、僕の中でも答えを見つけられずにいて、なんとなーっく忘れる事も出来ず、うまい答えを導き出す事も出来ず、思い出すたんびに“釣り針”と怖い想像がセットで浮かんでいたが、「あずまんが大王」にまるで応答するような形で、アニメ「らき☆すた」がすっきり、まさに同じように体育祭の話、同じ感じの問いで、見事に解答を示してくれた。そっか“クリップ”かぁ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金曜日)

その違い

これ(下画像)は、現在開催中(2008/5/24〜 6/21)の清澄白河・SHUGOARTS「戸谷成雄:ミニマルバロック III」展に関しての、三田晴夫氏による毎日新聞2008年6月12日夕刊記事(画像クリックで拡大して読む事が出来る)。「ミニマルバロック」と、同氏の展覧会タイトルをエントリタイトルとしてこのブログにも少し触れたので、追記としてエントリ。(→2008/5/27エントリ「ミニマルバロック」

Morimori

この展覧会についての前エントリで僕は、過去の(森)シリーズの復活を遂げた戸谷彫刻、でもその違いってなんなんでしょ?って書いたが、ここでは・・

彫りの表面が従来とは様相を違えている

初期のような鋭さや迫力がやや影をひそめたものの、ざっくりと幅を広げたえぐりや、山岳地形を思わせるジグザグの起伏など、新機軸の手管がその不満を補って余ある。

と、その差異を強調、説明している。まあ、違えばいいってもんでも違わなければならないってわけでもないとは思うけど、SHUGOARTSの展覧会告知にも戸谷氏自身の言葉として

・・・・封印した「森」を「ミニマルバロック」の彫刻として再開する権利を得た、と思う。

なんて書かれてたりしてて、なんとなーっく「回帰」を強調されると、その変化、回帰にこそ何かが隠されているような気になって来る。

(また会期が近くなったらこのブログにも詳細を告知するが、今年八月末より九月に開催される、この戸谷成雄氏を含めた17名のアーティストによる展覧会「所沢ビエンナーレ・プレ展」に、私も参加〜作品出品の予定。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日曜日)

公の秩序または善良の風俗

すでに古いっというわけじゃないが、このブログにメモっとこうと思って忘れてしまっていてたニュースを思い出したのでまた忘れないうちに。

▼ねとらぼ:楽天ブログに書けない“NGワード”ーITmedia News(2008年05月14日)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/14/news079.html

リンク先、なくなっちゃうといけないのでまるまる以下に引用。

ねとらぼ:楽天ブログに書けない“NGワード”
楽天ブログに昨年末ごろから「NGワード」が設定された。「盗撮」「パンチラ」などを投稿しようとすると、「わいせつ、もしくは公序良俗に反すると判断された表現が含まれています」と表示され、公開したり、下書きを保存できなくなる。
2008年05月14日 15時36分 更新

 楽天ブログに昨年末ごろから「NGワード」が設定された。一定のキーワードを投稿しようとすると、「わいせつ、もしくは公序良俗に反すると判断された表現が含まれています」と表示され、公開したり、下書きを保存したりできなくなる。

 楽天によると「わいせつ、暴力的、差別的な表現など公序良俗に反する内容を含むブログ投稿を禁じる規約に抵触する可能性のあるキーワードを、投稿できないようにした」という。どの単語が“NGワード”に当たるかは非公開としてる。

編集部では「盗撮」「パンチラ」「強姦」が投稿できないことを確認した。これらの単語が含まれてればどんな文脈でも投稿不可能で、例えば「盗撮は絶対ダメ」「強姦はしてはいけない」と書いても投稿できない。

 ただ「レイプ」はNG設定されておらず「レイプしたい」なら投稿できた。このほかにも、わいせつとされる表現や「差別語」といわれるいくつかのキーワードで試してみたが、たいてい投稿できた。

 「livedoor Blog」や「はてなダイアリー」には、NGワードはないという。ライブドアとはてなは「公序良俗に反する投稿の対処は、別の方法で行っている」としている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »