« 天使の目玉 | トップページ | 勇気が必要 »

2008年7月29日 (火曜日)

イングーの来日

青森県青森市に国際芸術センター青森という建築家・安藤忠雄氏設計によるアート施設がある。円形の特異なギャラリーを持つここは年に二回、春と秋にアーティスト・イン・レジデンス事業を行っていて、2004年には僕も参加し、二ヶ月半の間滞在し、制作し、展覧会を持った。今年秋のテーマは「月下の森」だそう。

で、何が言いたいかと言うと、昨年アメリカ・ヴァーモント州での滞在制作中に知り合った韓国人アーティスト、カン・イングー(KANG In-Goo:b.1973)がこの今年秋の国際芸術センター青森のアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに選抜されたとのメール報告を受けたという事。当時、企画書を提出するよう勧めた経緯があるので素直に嬉しい。イングーは身近に在る些末なものを収拾、構築して巨大な立体作品を制作するアーティストで、ヴァーモントでの展覧会では敷地内の無数の小石を針金で一つ一つ丁寧に結わいて会場に敷き詰め、石とその影の斑点のチカチカチカっと混じる庭を披露した(下写真)。

アーティスト・イン・レジデンス2008/秋 「月下の森  Luna Forest」
展覧会期:2008年11月15日(土)‐12月14日(日)
※アーティスト滞在:9月24(水)ー12月20日(日)
国際芸術センター青森
http://www.acac-aomori.jp/

In

ヴァーモントではやたらとイギリス北部のアーティスト、アンディ・ゴールズワージー(b.1956)を好きな人が多かった。アンディ・ゴールズ・ワージーは、自然の中で発見される小さくて大きな驚き、その個人的な体験のレベルを拡大して作品化するアーティストである。田舎くさい。例えば巨大な雪玉の中に森で拾った木の枝をたくさん仕込み、雪が溶けると共に、バラバラと(まるで牛の死骸が朽ちて骨だけの姿になってゆくように)枝が現れて来る経過を写真に収めたり、小さな枝をクモの巣状に一つ一つその先端同士を接着してギャラリー通路に壁を出現させたりする。

アンディー・ゴールズワージー: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC

ヴァーモントで出会った中で一番その影響が顕著だったのが、ジョナサン・ブリリアント(b.1976)というアメリカ人アーティストで、「コーヒーショップのゴールズワージー・プロジェクト(the Goldsworthy of the coffee shop」という、スターバックスにある木製の使い捨てのマドラーや紙コップなどの様々な小物を用いてゴールズワージーの物マネをするシリーズを持っていた。

Jonathan Brilliant(ジョナサン・ブリリアント)WEBSITE
http://www.jonathanbrilliant.com

Ingooイングーの制作の全てを知っているわけではもちろんないが、彼もまたゴールズワージーの影響下に制作を行なっているアーティストだと言っていいと思う。しかし選択されるそれぞれの素材に鑑賞者が注ぐ記憶の質、想起される内容という意味では少し粘質的で、それだけにまったく異なるとも言える。ヴァーモント当時ポートフォリオで過去の作品を見せてもらったが、何千何万本とも知れぬ大量の爪楊枝で何やらでっかい立体物を作っていた。

ともあれ、慣れぬ日本での短期間スピーディな制作から展覧会に突入する日々はスリリングでありながらも大変だろう。がんばって欲しい。 (写真→イングー)
卓球うまい。

|

« 天使の目玉 | トップページ | 勇気が必要 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205060/22630273

この記事へのトラックバック一覧です: イングーの来日:

« 天使の目玉 | トップページ | 勇気が必要 »