« 2008年9月 | トップページ

2008年10月の5件の記事

2008年10月19日 (日曜日)

テーマがないとは

大日本印刷の運営するアート情報サイト「アートスケープ」の“フォーカス”(2008/10/15)欄に今年の秋に多数開かれている、アジアの国際展(ビエンナーレ/トリエンナーレ)についての市原研太郎氏(批評家)によるレビューが掲載されている。

artscape:フォーカス:テーマと大衆──2008年アジアのビエンナーレを観て(市原研太郎)
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/focus/0810_01.html

2002年の「ドクメンタ11」のディレクターを務めたオクウィ・エンウェゾー氏がアーティスティック・ディレクターとなり、“テーマなし”と明言された今回の第7回カンジュ・ビエンナーレは、市原氏によれば、たいそう素晴らしいものであったらしい。以下少し長いが引用しておく。

エンウェゾーは、記者会見で、テーマを決めることが鑑賞者の見方を制限すると語っていたのを思い出したのだ。勿論、展覧会のテーマを明確にすることで、テーマに即して表現の意味を掘り下げ、作品をより深く理解することが可能となる。私は、これまでビエンナーレを鑑賞するとき、このテーマ性を理解と評価の重要なポイントとしてきた。展覧会のテーマが、われわれの生きる世界に、どの角度でどう切り込んでいるのか。その新しさや強さや鋭さを、展覧会の成否を判断する材料にしてきたのだ。他方で、それに見合う作品が十分に確保されたかどうかで、展覧会の充実度は測られる。
 そうであればこそ、今回のビエンナーレはさほど高い評価を付与されないはずなのに、反対の判断を私に下させたのは、まったく矛盾しているようだが、まさに「テーマがない」からだった。それがないことで、観客の見方が限定されない。個々の作品を、どう解釈しても構わないのみならず、エンウェゾーが言うように、観客は出会う作品が何であるか、つねに意識を開かれた状態にしておく必要がある。その結果として、テーマを設定しないことによって生じる作品の多様性が、高評価につながる理由になったのである。次にどのような作品が目前に現われるのか、会場を回りながらなんとなく期待している自分自身に、私は気づいた。その多様性は、ひとつの視点に縛れないことによって帰結する多様性である。特定の視点が許す範囲の「寛容」という名の限られた多様性ではない。
 今ビエンナーレでは、そのための3つの工夫(作品選出の仕方が異なる「On the Road」「Position Papers」「Insertions」と名づけられたセクション)が企画の段階で練られているが、いずれにせよ、優れた作品群が会場に置かれたことに変わりはない。それらのほとんどが、社会的、政治的問題を扱ったシリアスな内容だったが、外見や形式としても完成度が高かったのだ。カンジュは、エンウェゾーの力量と趣味のよさを証明するビエンナーレだったといって過言ではないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月曜日)

所沢ビエンナーレ・プレ美術展:カタログについてのメモ2

このカタログに掲載された展覧会場写真は表紙から全て、今展出品参加アーティストである写真家の山本糾氏の手による。写真家という表現者の表現であり、同時に記録である。

▼ヒノギャラリー:山本糾のインフォメーション
http://www.hinogallery.com/rireki_yamamoto.html

展覧会の経験をもとにこのカタログを眺めると、美術作品において記録とは何だろうという気分が再び、そして急速に、想起される。起因すると考えられるのは、これらの記録が写真家、表現について思考をし続ける一人の希有なアーティストの撮影によるものであり、映り込む様々な要素の“現れ”に極めて厳格である事(実際一つ一つ素晴らしい写真だと思う)。そして各々の実際の作品は(それが絵画であったとしても)それぞれ種類・次元は違えど各々に三次元空間・・現実の中でギリギリの“現れ”を獲得しようと投企されたものであるという事である。「写真は実物とは違う」周知の、当たり前の事ではあるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所沢ビエンナーレ・プレ美術展:カタログについてのメモ1

前回のエントリで紹介した「所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線」のカタログは1色製版の本である。手元にある同様にモノクロの2007年MoMAで行なわれたリチャード・セラ個展のカタログ(4色製版)と比較すると黒の色の性格がまるで異なるのがよくわかる。4色製版のそれのように黒い色が単独の色として主張するのと対称的に、モヤの立ち籠めるような、粉を吹いたような表面、つまり質の印象を強く与えるのが1色製版の特徴である。展覧会場を撮影した写真は、この会場(旧工場内)の特性故かどれも暗い。暗い事で1色製版である事を助長している。印刷されたそれぞれは、黒という色そのものよりも、その色の張り付いた、或いはその色の奥にある何かに見る者の想像を誘っているようだ。これらの事柄だけが起因しているのではなかろうが、この本はどこか煤のように黒い、湿度を帯び空を低くする嵐の前の雲のごとくどんよりとした塊としての存在感を持っている。シャレた雰囲気を持つ“アート”の響きとは縁なき始終のこの物体はカタログと言うよりも本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所沢ビエンナーレ・プレ美術展:カタログ

Tokorozawa_tirashi_2 この夏開かれた「所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線」のカタログが完成し、配送されて来ました。所沢ビエンナーレのホームページ(ニュースページ:以下)から通信販売していますので、ご興味ある方は是非お買い求め下さい。
http://tokorozawa-biennial.com/news.html
表紙・本文+オールモノクロ約200ページ
価格:2,000円(税込・送料込)

15人の執筆者(学芸員・評論家等)によるカタログ掲載論文はこの展覧会についてというものではなく、それぞれの執筆者は言葉を手段とする表現者としてこの本に参加しています。また、16人の展覧会出品アーティストそれぞれのコメント、写真家の山本糾氏撮影による作品(展示風景)写真を掲載。(右写真は引込線展フライヤー画像)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金曜日)

GALLERY MoMo Ryogokuオープン

2005年の一月に私が個展「Callous」を行なった六本木の画廊、ギャラリー・モモが両国に新しいスペース「GALLERY MoMo Ryogoku」をオープンさせた。大江戸線「両国」駅下車徒歩二分という好立地。現在は、過去にこのギャラリーで展覧会を行ったアーティスト23名の作品によるオープニング・エキシビションが開催されている。開催直前に訪れたが、およそ横幅4メートル、奥行き15メートルほどの細長いスペースはすっきりとしつつなかなかお目にかかれない面白い空間、なにより3メートル以上はあるのか、天井がグッと高い事は多くの制作に自由を与えるように思われた。それだけに残念なのは、この展覧会への私の出品が、ずいぶんと以前、このギャラリーに預けていた2004年制作の小さな習作のみという事だ。ともあれ、この空間だからこそなし得る事ってのがある事は間違いないだろう、これからここからどういう表現が生まれて来るのか。

Ryougoku_2GALLERY MoMoウェブサイトhttp://www.gallery-momo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ