カテゴリー「文化・芸術」の59件の記事

2008年10月19日 (日曜日)

テーマがないとは

大日本印刷の運営するアート情報サイト「アートスケープ」の“フォーカス”(2008/10/15)欄に今年の秋に多数開かれている、アジアの国際展(ビエンナーレ/トリエンナーレ)についての市原研太郎氏(批評家)によるレビューが掲載されている。

artscape:フォーカス:テーマと大衆──2008年アジアのビエンナーレを観て(市原研太郎)
http://www.dnp.co.jp/artscape/exhibition/focus/0810_01.html

2002年の「ドクメンタ11」のディレクターを務めたオクウィ・エンウェゾー氏がアーティスティック・ディレクターとなり、“テーマなし”と明言された今回の第7回カンジュ・ビエンナーレは、市原氏によれば、たいそう素晴らしいものであったらしい。以下少し長いが引用しておく。

エンウェゾーは、記者会見で、テーマを決めることが鑑賞者の見方を制限すると語っていたのを思い出したのだ。勿論、展覧会のテーマを明確にすることで、テーマに即して表現の意味を掘り下げ、作品をより深く理解することが可能となる。私は、これまでビエンナーレを鑑賞するとき、このテーマ性を理解と評価の重要なポイントとしてきた。展覧会のテーマが、われわれの生きる世界に、どの角度でどう切り込んでいるのか。その新しさや強さや鋭さを、展覧会の成否を判断する材料にしてきたのだ。他方で、それに見合う作品が十分に確保されたかどうかで、展覧会の充実度は測られる。
 そうであればこそ、今回のビエンナーレはさほど高い評価を付与されないはずなのに、反対の判断を私に下させたのは、まったく矛盾しているようだが、まさに「テーマがない」からだった。それがないことで、観客の見方が限定されない。個々の作品を、どう解釈しても構わないのみならず、エンウェゾーが言うように、観客は出会う作品が何であるか、つねに意識を開かれた状態にしておく必要がある。その結果として、テーマを設定しないことによって生じる作品の多様性が、高評価につながる理由になったのである。次にどのような作品が目前に現われるのか、会場を回りながらなんとなく期待している自分自身に、私は気づいた。その多様性は、ひとつの視点に縛れないことによって帰結する多様性である。特定の視点が許す範囲の「寛容」という名の限られた多様性ではない。
 今ビエンナーレでは、そのための3つの工夫(作品選出の仕方が異なる「On the Road」「Position Papers」「Insertions」と名づけられたセクション)が企画の段階で練られているが、いずれにせよ、優れた作品群が会場に置かれたことに変わりはない。それらのほとんどが、社会的、政治的問題を扱ったシリアスな内容だったが、外見や形式としても完成度が高かったのだ。カンジュは、エンウェゾーの力量と趣味のよさを証明するビエンナーレだったといって過言ではないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月曜日)

所沢ビエンナーレ・プレ美術展:カタログについてのメモ2

このカタログに掲載された展覧会場写真は表紙から全て、今展出品参加アーティストである写真家の山本糾氏の手による。写真家という表現者の表現であり、同時に記録である。

▼ヒノギャラリー:山本糾のインフォメーション
http://www.hinogallery.com/rireki_yamamoto.html

展覧会の経験をもとにこのカタログを眺めると、美術作品において記録とは何だろうという気分が再び、そして急速に、想起される。起因すると考えられるのは、これらの記録が写真家、表現について思考をし続ける一人の希有なアーティストの撮影によるものであり、映り込む様々な要素の“現れ”に極めて厳格である事(実際一つ一つ素晴らしい写真だと思う)。そして各々の実際の作品は(それが絵画であったとしても)それぞれ種類・次元は違えど各々に三次元空間・・現実の中でギリギリの“現れ”を獲得しようと投企されたものであるという事である。「写真は実物とは違う」周知の、当たり前の事ではあるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所沢ビエンナーレ・プレ美術展:カタログについてのメモ1

前回のエントリで紹介した「所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線」のカタログは1色製版の本である。手元にある同様にモノクロの2007年MoMAで行なわれたリチャード・セラ個展のカタログ(4色製版)と比較すると黒の色の性格がまるで異なるのがよくわかる。4色製版のそれのように黒い色が単独の色として主張するのと対称的に、モヤの立ち籠めるような、粉を吹いたような表面、つまり質の印象を強く与えるのが1色製版の特徴である。展覧会場を撮影した写真は、この会場(旧工場内)の特性故かどれも暗い。暗い事で1色製版である事を助長している。印刷されたそれぞれは、黒という色そのものよりも、その色の張り付いた、或いはその色の奥にある何かに見る者の想像を誘っているようだ。これらの事柄だけが起因しているのではなかろうが、この本はどこか煤のように黒い、湿度を帯び空を低くする嵐の前の雲のごとくどんよりとした塊としての存在感を持っている。シャレた雰囲気を持つ“アート”の響きとは縁なき始終のこの物体はカタログと言うよりも本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所沢ビエンナーレ・プレ美術展:カタログ

Tokorozawa_tirashi_2 この夏開かれた「所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線」のカタログが完成し、配送されて来ました。所沢ビエンナーレのホームページ(ニュースページ:以下)から通信販売していますので、ご興味ある方は是非お買い求め下さい。
http://tokorozawa-biennial.com/news.html
表紙・本文+オールモノクロ約200ページ
価格:2,000円(税込・送料込)

15人の執筆者(学芸員・評論家等)によるカタログ掲載論文はこの展覧会についてというものではなく、それぞれの執筆者は言葉を手段とする表現者としてこの本に参加しています。また、16人の展覧会出品アーティストそれぞれのコメント、写真家の山本糾氏撮影による作品(展示風景)写真を掲載。(右写真は引込線展フライヤー画像)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金曜日)

GALLERY MoMo Ryogokuオープン

2005年の一月に私が個展「Callous」を行なった六本木の画廊、ギャラリー・モモが両国に新しいスペース「GALLERY MoMo Ryogoku」をオープンさせた。大江戸線「両国」駅下車徒歩二分という好立地。現在は、過去にこのギャラリーで展覧会を行ったアーティスト23名の作品によるオープニング・エキシビションが開催されている。開催直前に訪れたが、およそ横幅4メートル、奥行き15メートルほどの細長いスペースはすっきりとしつつなかなかお目にかかれない面白い空間、なにより3メートル以上はあるのか、天井がグッと高い事は多くの制作に自由を与えるように思われた。それだけに残念なのは、この展覧会への私の出品が、ずいぶんと以前、このギャラリーに預けていた2004年制作の小さな習作のみという事だ。ともあれ、この空間だからこそなし得る事ってのがある事は間違いないだろう、これからここからどういう表現が生まれて来るのか。

Ryougoku_2GALLERY MoMoウェブサイトhttp://www.gallery-momo.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金曜日)

継続すること

先日まで開催された展覧会「引込線」に関してのブログ掲載(連載!?)のお知らせを頂いた(本人からではないが)ので紹介する。

.......................................................................
五十路のチビジ
工場と美術ー所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」
その1(2008/09/19)
http://srep.blog.shinobi.jp/Entry/16/
その2(2008/09/20)
http://srep.blog.shinobi.jp/Entry/17/
その3(2008/09/21)
http://srep.blog.shinobi.jp/Entry/18/

.......................................................................
▶その他この展覧会についてのネット上の記述(ブログエントリ他)はコチラとかコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火曜日)

4700人とは

「所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線」、無事終了しました。4700人を越える来場者があったとの事(会期のべ17日間)。観覧して頂いた皆様ありがとうございました。

以下は前エントリに続き、ネット上に上がった「所沢ビエンナーレ 引込線」関連の記述(順不同)

.......................................................................

はろるど・わーるど
引込線 西武鉄道旧所沢車両工場(2008/09/09)
http://blog.goo.ne.jp/harold1234/e/faa549d041b934d2dbb28da441b69f96

余白の日々/日々の余白
[美術][書物]所沢から所沢へ(2008/09/05)
http://d.hatena.ne.jp/selavy/20080905/1220618028

FMチャッピー DJ日誌
アートな所沢、始動!(2008/09/01)
http://ictv.easymyweb.jp/member/fmchappy/?c_id=6225

Web Forum
引込線(2008/08/23〜)
http://hkuma.com/bbs/wf/wforum.cgi?mode=allread&no=9135&page=0#9135

林 住 記
所沢ビエンナーレとか(2008/09/10)
http://blog.goo.ne.jp/rinjuki/e/756d7b4fe343f9dad4b8cf2ed0bebbe6

朝凪のブログ
《引込線》所沢ビエンナーレ・プレ美術展(2008/08/31)
http://36146666.at.webry.info/200808/article_6.html

BLOG@137441
所沢ビエンナーレ「引込線」(2008/08/31)
http://137441.jonasun.com/mobile/post_691.php

石井秀樹建築設計事務所
所沢ビエンナーレ(2008/09/08)
http://isiarch.exblog.jp/9014217/

関心空間
所沢ビエンナーレ「引込線」 (トコロザワビエンナーレ ヒキコミセン)
http://www.kanshin.com/keyword/1543614

銭湯と路地裏散歩な日々
所沢ビエンナーレ『引込線』(2008/09/08)
http://blog.livedoor.jp/r32_takacyan/archives/51489189.html

シンジの作法
所沢ビエンナーレ(2008/08/28)
http://blogs.yahoo.co.jp/jedaiyogi/44284509.html

アルバム : 所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」(K-hirokiさんのページ)
http://photozou.jp/photo/list/175492/607743

所沢発 つれあい日誌
所沢ビエンナーレ引込線(2008/09/01)
http://ikiikitoma.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post_86ce.html

日記
所沢ビエンナーレ プレ美術展(2008/08/27)
http://kentarob.exblog.jp/8529998/

PAN‐FICTIONAL DOCUMENT
所沢ビエンナーレあるいはブルース的解体(2008/09/05)
http://mblog.excite.co.jp/user/cinemusica/entry/detail/?id=8569808

underconstruction
所沢ビエンナーレ「引込線」(2008/09/15)
http://wireplants.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-b6ea.html

東京シングルライフスタイル
所沢ビエンナーレ(2008/08/31)
http://grevyi.blog25.fc2.com/blog-entry-25.html

らっかのビア缶とお出かけ日記
西武鉄道旧所沢車両工場にて美術展(2008/08/30)
http://rakka-beercan.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/nite_70f2.html

KAWAGOE GALLERY
イベント(2008/09/10)
http://kg142.exblog.jp/tags/%E7%91%9B%E4%B9%9D/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火曜日)

3000人とは

現在僕の参加しているグループショー「所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線」おかげさまで大盛況!来場者数は3000人を突破との事。それだけにありがたい事にこの展覧会に関してのインターネットに上がる記述も多い。以下(順不同)
.......................................................................

ぶらり遊歩道 アートの落書き帳
「引込線、プレ美術展」のプレ宣伝(2008/08/20)
http://spacewalk.blogzine.jp/promenade/2008/08/post_c2b7.html
「引込線」展始まる(2008/09/01)
http://spacewalk.blogzine.jp/promenade/2008/09/post_5514.html

アートはどこにあるか
所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線(2008/07/27)
http://blogs.dion.ne.jp/miu_k/archives/7433902.html

デッキで、こだまする、静寂。 Tattakaの日記

[シンポ]所沢ビエンナーレ・引込線 「今、なぜ引込線か」(2008-09-02)
http://d.hatena.ne.jp/Re-TATTAKA/20080902
[展示]所沢ビエンナーレ 引込線 (2008-08-29 )
http://d.hatena.ne.jp/Re-TATTAKA/20080829

la Casa del Lapiz:鉛筆庵
所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」〜!(2008/09/02)
http://blog.goo.ne.jp/rubicone/e/d3716d4ba2362d5ce2f72930769e172c
所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」〜"(2008/09/03)
http://blog.goo.ne.jp/rubicone/e/bb7fed3d5236bf5987bf6314fee0bc24

私のスケッチブック
引込線(2008/09/01)
http://cosyoken.exblog.jp/9601283/

Dialogue with the City 都市生活とアート
8月の終わり(2008/09/01)
http://hashimon.diacity.net/?eid=889275

毎日jp
美術展:ダイナミックな作品28点 
「引込線」を開催--旧所沢車両工場 /埼玉(2008/08/30)
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20080830ddlk11040225000c.html

asahi.com
風通しよく、現代美術 自由な企画展、作家の手で(2008/09/03)http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200809030171.html

アートが丘
所沢ビエンナーレ・プレ展ー美術家の条件、作品の場所(2008/09/02)
http://blogs.yahoo.co.jp/hayavoir4324/54888400.html

ふうらん
所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」(2008/09/05)
http://eggi.at.webry.info/200809/article_2.html

ジモネット代表・平山毅のブログ
所沢ビエンナーレ 引込線(2008/9/4)
http://www.jimonet.co.jp/ceoblog/?p=565

WestEastの日記
所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線(2008/08/21)
http://slashdot.jp/~WestEast/journal/449825

ちょっとだけみほ
駅からのびる引込線(2008/08/19)
http://miponet.typepad.jp/blog/2008/08/post-4286.html

ムサビ日記 - 広報のminx -
引込線 (2008/08/28)
http://www.musabi.com/minx/archives/2008/08/28_0106.php

TFJ's Sidewalk Cafe > Dustbin Of History >
Review: 『所沢ビエンナーレ・プレ美術展 引込線』 @ 西武鉄道旧所沢車両工場 (美術展) (2008/09/05)
http://www.kt.rim.or.jp/~tfj/DoH/2008090501.html

かきく日記
引込線(2008/08/31)
http://epicurien.at.webry.info/200808/article_2.html

thinking
引込線。(2008-09-02)
http://web-sahara.blog.so-net.ne.jp/2008-09-02

Blog
所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」(2008/07/14)
http://www.central-region.com/blog/2008/07/post_230.html

家庭新聞
所沢でビエンナーレ美術展・引込線(2008/07/09)
http://kateishinbun.com/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/404/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火曜日)

イングーの来日

青森県青森市に国際芸術センター青森という建築家・安藤忠雄氏設計によるアート施設がある。円形の特異なギャラリーを持つここは年に二回、春と秋にアーティスト・イン・レジデンス事業を行っていて、2004年には僕も参加し、二ヶ月半の間滞在し、制作し、展覧会を持った。今年秋のテーマは「月下の森」だそう。

で、何が言いたいかと言うと、昨年アメリカ・ヴァーモント州での滞在制作中に知り合った韓国人アーティスト、カン・イングー(KANG In-Goo:b.1973)がこの今年秋の国際芸術センター青森のアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに選抜されたとのメール報告を受けたという事。当時、企画書を提出するよう勧めた経緯があるので素直に嬉しい。イングーは身近に在る些末なものを収拾、構築して巨大な立体作品を制作するアーティストで、ヴァーモントでの展覧会では敷地内の無数の小石を針金で一つ一つ丁寧に結わいて会場に敷き詰め、石とその影の斑点のチカチカチカっと混じる庭を披露した(下写真)。

アーティスト・イン・レジデンス2008/秋 「月下の森  Luna Forest」
展覧会期:2008年11月15日(土)‐12月14日(日)
※アーティスト滞在:9月24(水)ー12月20日(日)
国際芸術センター青森
http://www.acac-aomori.jp/

In

ヴァーモントではやたらとイギリス北部のアーティスト、アンディ・ゴールズワージー(b.1956)を好きな人が多かった。アンディ・ゴールズ・ワージーは、自然の中で発見される小さくて大きな驚き、その個人的な体験のレベルを拡大して作品化するアーティストである。田舎くさい。例えば巨大な雪玉の中に森で拾った木の枝をたくさん仕込み、雪が溶けると共に、バラバラと(まるで牛の死骸が朽ちて骨だけの姿になってゆくように)枝が現れて来る経過を写真に収めたり、小さな枝をクモの巣状に一つ一つその先端同士を接着してギャラリー通路に壁を出現させたりする。

アンディー・ゴールズワージー: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC

ヴァーモントで出会った中で一番その影響が顕著だったのが、ジョナサン・ブリリアント(b.1976)というアメリカ人アーティストで、「コーヒーショップのゴールズワージー・プロジェクト(the Goldsworthy of the coffee shop」という、スターバックスにある木製の使い捨てのマドラーや紙コップなどの様々な小物を用いてゴールズワージーの物マネをするシリーズを持っていた。

Jonathan Brilliant(ジョナサン・ブリリアント)WEBSITE
http://www.jonathanbrilliant.com

Ingooイングーの制作の全てを知っているわけではもちろんないが、彼もまたゴールズワージーの影響下に制作を行なっているアーティストだと言っていいと思う。しかし選択されるそれぞれの素材に鑑賞者が注ぐ記憶の質、想起される内容という意味では少し粘質的で、それだけにまったく異なるとも言える。ヴァーモント当時ポートフォリオで過去の作品を見せてもらったが、何千何万本とも知れぬ大量の爪楊枝で何やらでっかい立体物を作っていた。

ともあれ、慣れぬ日本での短期間スピーディな制作から展覧会に突入する日々はスリリングでありながらも大変だろう。がんばって欲しい。 (写真→イングー)
卓球うまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日曜日)

黒い本

Ed1 すでに終了した展覧会だが、東京・代々木、秋山画廊にて「敷物ー焼かれた言葉ー:遠藤利克」展を観た(2008/7/2~7/12)。このところ縁あってこの彫刻家の作品を観る機会に恵まれている。

この展覧会は新作ではなく1993年に制作された作品によるもの。未確認だが400冊くらいはあるのだろうか、タールが塗り込められバーナーで焦げ付きを与えられた分厚い聖書を思わせる本がギャラリー中央にぼてぼてと敷かれている。全体で四角い輪郭を形成する総面積は3.5×5メートルといったところか。5センチほどの高さを持つそれらの一冊一冊は場所によって一層から四層にランダムに積み重ねられぎこちない表面を作り、バーナーで焼け焦げ跡を付着させる際にページが飛ばないようにする為か、それぞれはその表紙からページを貫くようにビスで留められている。本同士の
凹凸の隙間には水を入れられた筒状の透明プラスティック製容器が10個ほど点在し煌めく。立ち込めるタールの居心地の悪い臭気が、半端に焼かれた作品の表面に、いつまでも乾く事のないじめじめじめっとした薄暗がりの日陰の腐りかけの畳のような印象を抱かせる。あまりに単純に過ぎる発想かもだが、本焼き行為からは「焚書坑儒」、或いは「華氏451度」が想い起こされる。しかしそれらとは異なる物語が発生しているのもまた確かな事だろう。

秋山画廊
http://www.akiyama-g.com/index.html
焚書坑儒:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%9A%E6%9B%B8%E5%9D%91%E5%84%92
華氏451度:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%B0%8F451%E5%BA%A6

華氏451 (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】 DVD 華氏451 (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2008/07/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧